運動神経が悪くても簡単にストリートダンスが上手くなる方法

運動神経が悪くても簡単にストリートダンスが上手くなる方法

憧れのストリートダンスを始めたいけど『運動神経悪いから・・・』
と言って諦めていませんか?まず結論から言いますけど
『大丈夫です!問題ありませんっ( ゚も゚)!』
運動神経なんてダンスの上達にはさほど関係ありません!

 

ストリートダンスの上達が早い人には、ある特徴があると僕は思います。
それは『考えすぎない』と言う点です。
もし運動神経に関係ないなら、誰だって上達は早いほうがいいですよね?

 

※更に詳しく解説した記事を作成したのでどうぞ!

運動神経が悪い人が踊れるようになれないのか!?

 

上達の早い人:上達の遅い人

 
例えば上達の遅い人っていうのは、振り付けにしても技にしても、
動き1つ1つに対して眉間に皺を寄せて難しい顔して取り組んでいることが非常に多いです。そんで顔が下を向いて視線が一箇所に集中しています。

 

動画を見ながら練習してる人でも同じ、
じーっと怖い顔して一箇所を睨んでいる事が多いように思います。

 

心当たりないですかね?
特に最初に書いた『運動神経に自信が無い』と言う人にこのタイプが多いんですよ。ちょっと自分はダメだって思い込みすぎちゃってるのかもしれませんね?

 

その反面上達の早い人って言うのは、深く考えずに動き全部をマネするように動きます。マネする人をじーっと見て、顔も上がっていて良くも悪くも何も考えていないように見えます。こっちが振り付けを間違えてもそのままマネしちゃうぐらい何も考えていません(笑)

 

どちらも初心者!
でも、この違いは『運動神経の良し悪し』じゃありません。チカラが入りすぎたり、考えすぎたりの違いです。マジメ過ぎちゃうのかもしれませんね?

 

僕もどちらかと言うとマジメタイプです。
運動神経に自信は無いし、要領も悪いと自覚しております・・・ハイ。
学生時代の仲間の中では一番のへたっぴでしたからねぇ( ゚も゚)

 

上手くなるには、恥ずかしがらずにマネる

 
相手の動きをじーっと見て、イメージとは違ってもいいからひたすらマネてマネてマネまくる!もちろん相手との技術の違いがあれば、多少は不格好になってしまうかもしれませんが、そこはもう無視しちゃう!

 

さっき書いたように、上達の遅い人は視線が一箇所に集中しています。
そうすれば、当然手を見ていれば足はお留守になって、足を見てれば手はお留守になってしまいますよね?

 

で、上と下のバランスが悪くて結局カッコ悪い⇒なかなか上達しない⇒私って運動神経悪いから⇒ダンスを諦めちゃう⇒ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!・・・だから考えるのを止めて下さい(笑)

 

アホになって動きをマネる。最初は恥ずかしいかもしれませんが、そうすれば全体を見る目が養えます。上半身と下半身のバランスも徐々に良くなって、ダサかったポーズがカッコよくなってきます。

 

ダンス上達のコツは『体の使い方』にアリ!

体をイメージ通りに操れるようになれば、振り付けもステップもスムーズに吸収していけるので上達が早くなります。
しかし、ダンススクールでは教われない裏技なので、専門の知識を持ったダンス指導のプロに聞くのが1番です。

次へ⇒【ダンス専用の体の使い方を徹底的に学ぶならコチラ】

 
ホーム 自己紹介 イチオシのDVD お問い合わせ