【準備編】ストリートダンス初心者がやっときたい筋トレ4種!

ダンスを始めたくて悩んでいるなら一読の価値あり!

>>ダンスを始めたい全ての方へ

 

ダンススクールでは教えてくれない、本当の基礎を知っているか!?
  • いつまで経ってもリズムすら取れない
  • 近くにダンススクールがない
  • 何から始めたらいいか分からない
ダンスを始めたい全ての方が最初に手にするべき、全ジャンルに対応したダンス指導! ⇒コチラで紹介しています!

【準備編】ストリートダンス初心者がやっときたい筋トレ4種!

ストリートダンスを始めたいけど筋トレって必要ですか?
よく聞かれる質問ですが、僕は割とガッツリやる方です。
と言う事で、今回紹介するのは『筋トレ』!

 

ダンスの上達に筋トレは必要なのかを考えようでも触れましたけども
週に何度も練習が出来る環境ならば、ダンスとは別に筋トレを
する必要もあまり無いかなぁとも思います。

 

ですが、中々そうもいかないですよね。
やる気とかじゃなくて、現実的に・・・。
と言う事で、今回は基本的な筋トレメニューを紹介します。

 

ダンス専用!と言う事ではありませんが
大体のスポーツに欠かせないのは『体幹』の筋肉。

 

腹筋に背筋、そしてお尻の筋肉が主になります。
まずはタイトル通り【初級編】と言う事で
簡単なメニューから体を作っていきましょう!

 

筋トレもダンスの上達に欠かせない基礎トレーニングですが、それ以外にもダンスには身に付けないといけない基礎力が沢山あります。詳しくはコチラをチェック!

ダンス上達の土台になる基礎力&基礎トレーニングとは!?

 

とにもかくにも基本のトレーニングだっ!!

難しい事はありません!
【プッシュアップ(腕立て)】【バックエクステンション(背筋)】
【腹筋クランチ(上体起こし)】【スクワット】です。

 

 

★プッシュアップ

 

手は肩幅の1.5倍〜2倍程度で足は肩幅に開いて構えます。頭からつま先まで真っすぐ&お腹に力を入れて姿勢キープ!

息を吐きながら胸を地面スレスレまで落とす。
目線は前に向けて、頭が下がらないように注意!

 

筋トレの代名詞と言えばこいつですね!
手足4点で自重を支えて、効率良く全身の筋肉を使います。

 

胸と腕、背筋に腹筋と様々な筋肉で姿勢を保つ必要があって
バランス良く鍛えられる、どのスポーツでも使えるメニュー。

 

 

★バックエクステンション

 

 

うつ伏せになり、手は前に投げ出す。目線は正面から少し下あたりでOK。下半身をロックして上半身だけを小刻みに上下させる。 踵を天井に向けるとさらに効果的!お尻を締めて太ももを床から離すようにして固める!この体勢で構えて上半身を上下させる。

 

普通の背筋ですが、最初から足をAの形に出来れば
背筋だけじゃなく、お尻とハムストリングスにも効果的。
お尻の筋肉は、下半身を動かす大事な筋肉です。

 

 

★腹筋クランチ

 

 

仰向けに寝て、膝を持ち上げます。この時に腰を少し浮かせてキープ&スタンバイ。常に腰がこの上体を保てれば尚Good!

下半身は少し浮かしたまま、上体だけ丸めます。
息をフーッと吐きながら起き、吸いながら戻る。

 

腹筋は姿勢をキープする為の大事な大事な筋肉の1つ。
体をひねる、ターンする等の動作の鍵になります。
強い腹筋があれば、体のブレが小さくなってカッコいい!

 

 

 

★スクワット

 

 

スタンスは肩幅の1.5倍程度に開く。腰を落とし過ぎないように注意!膝90度を目安にして落とそう。

胸をなるべく正面に向けたまま腰を落とします。
この時爪先がどちらもなるべく正面を向くように調節しましょう。

 

下半身全体を鍛えられるスクワット!
全てのスポーツの土台は何と言ってもやっぱり下半身!

 

錆びついた筋肉を躍動させましょう!
・・・え?普通すぎる?

 

ダンサー専用の筋トレと体作りを学ぼう

ダンサーの筋トレは筋力はもちろん、体の連動やコントロール、バランス感覚を養うために1つ1つ考えて実践すべき。
「どの動きに生きる筋トレか」がボンヤリしていたら、効果は無いので、本当に効く筋トレをお探しなら、コチラの記事がオススメです!

次へ⇒ダンサー向けの体幹トレ×16をやってみよう!(メインブログにジャンプ!)

 

女性目線の女性の為のヒップホップダンス!

女性目線の、女性の為のヒップホップ指導!⇒【チェックした感想はコチラ!】

 
ホーム 自己紹介 イチオシのDVD お問い合わせ